帯状疱疹は医療機関で出来る限り早期治療を

医療

帯状疱疹は医療機関で出来る限り早期治療を

このニキビは痛みがあるなと思っていたら実は帯状疱疹でした、なんてことがたまにあります。
帯状疱疹は、免疫力が低下した体の中で水ぼうそうウイルスが悪さをしてできるニキビのようなデキモノのことです。
チクチクとした痛みが特徴で同じ箇所に数個から数十個できることもあります。
ニキビのような虫刺されのような見た目なので放置されることが多いです。
帯状疱疹が問題なのは、早期発見、早期治療をしないと後遺症が残る可能性があることです。
見た目がニキビなので間違って市販のニキビ薬をつけてしまうと治るどころか悪化する恐れがあります。
最悪の場合は、水ぶくれが破れて化膿してしまい跡に残ることがあるので注意が必要です。
そして一番の問題は、帯状疱疹が治ったあとです。
治ったあともチクチクとした痛みが引かない場合は、帯状疱疹後神経痛の疑いがあります。
帯状疱疹後神経痛が厄介なのは、原因も治療方法も確立されていないことです。
不定期に激しい痛みが突然襲ってくるので生活に支障をきたします。
このように病状を悪化させないためにも早期発見をして医療機関で適切に治療をしてもらうことが重要になってきます。

鼻炎の治療は新宿の耳鼻科で

新宿 性病

大阪 心斎橋なんばの猫背姿勢 骨盤矯正なら【整体リボディ】

名古屋市でインプラントや矯正治療を

札幌の不妊治療に希望を!

最新記事