医療ミスを防ぐために個人ができる努力

医療

医療ミスを防ぐために個人ができる努力

医師でも看護師でも、作業療法士でも薬剤師でも、病院内で働くときには高い集中力が求められます。
集中力を欠いた状態で仕事をしてしまうと、大きな医療ミスを犯してしまう可能性があるからです。
場合によっては、そのまま患者が亡くなってしまうことも考えられるのが、病院内での仕事の怖さです。
もちろん、そうなってしまうと、大きな社会的責任を背負わされることとなります。
病院にも迷惑をかけてしまうので、とにかく医療ミスは起こさないように努力するしかありません。
ダブルチェックを徹底するなど、病院側でできる努力もありますが、個人レベルでできる努力も多いです。
まず、危機感を持つということは大変重要なポイントとなります。
ミスをしているのではないかと疑ってかかり、入念にチェックをするとミスも未然に防げる可能性が高いです。
しっかりと休養を取って、体力的に問題がある場合は他のスタッフの助けを借りるなどする必要があるでしょう。